塩田ノア 「ノア流」パリ生活東京ライフ

paris 東京 往復生活 で忙しい!

ブログでは、わたくしの作った、食べたなどを書いています。
そして、料理教室のことも。その料理教室はこんな。
東京アトリエのレッスンは、4名のグループを作ってお申し込み下さい。
毎月何日、とか決めていませんが、前月頃にブログに次回のアトリエ予定を書きますので、ご友人でお誘いあわせの上でね。ブログ書いてある、日程がご都合に合わない場合でも、ご相談いただければ、ある程度調整できるかと、思います。
Facebookページのメッセージ欄でお申し込みをお待ちしています。
 料金は1グループで2万4千円頂いています。ご事情で3名の場合まで、アトリエは行います。その場合、2万円となります。
お支払いはお手数ですが、アトリエの8日前(前の週の、同じ曜日)までにお振り込みをお願いします。お申し込みの際に口座番号をお知らせします。
キャンセル、日程、人数のご変更も8日前(前週の同じ曜日)までに、お願いします。(振り込み料を差し引いて、ご返金させていただきます)
 アトリエの開始時間は10時30分。お作りいただく皆様のスピード次第で、13時30分から14時30分に終了。
 料理は、基本的に前菜、パスタ、メイン、デザートです。真夏を除いて、パスタは手打ちです。前菜、メインは、食材の入荷状況により、グループごとに異なることもありますが、ご了承下さい。ワインをお出ししますので、お車はご遠慮願います。
 エプロン、手ふき、筆記用具はご用意していますので、とくに持ってきていただくモノはありません。けっこうボリューミーなので、お腹は空かせてきて下さいね。

昔のブログ http://michawhitecat.cocolog-nifty.com Parisアトリエの話がいっぱい

canicule4

日本でもニュースで伝えられたパリの猛暑、この画像は当日朝のテレビの天気予報の画面ですが、実際にはさらに気温は上がって42.6度に達したそうです
これはヨーロッパの首都としてはギリシア、キプロスに次ぐ三位、スペインやポルトガルより上位になります。
 パリの市内のアパートは石造りの構造上、けっこうエアコンがないか、簡易的なエアコンで、しかも排気パイプを出すのに窓をぴったり閉められないままだったりで、日本みたいに「エアコンを適切に使う」ことも無理。

 先日の猛暑はなんとかやり過ごしたけれど、今回の記録的な暑さには参ったわ~、ゴハン作るの無理。
canicule7

とベトナム料理店に出かけて、またもやエアコンのない店で食事したり、この写真のように、カフェのテラスで冷たいものを飲んだり。
これ、ミントシロップを水で割って飲むマンタローという飲み物で、最近は見掛けないけど、昔は夏のカフェで多くのパリジャンが飲んでたクラシックな夏ドリンク。
日陰のテラスでも、外気が40度超すと、氷があっという間に溶けて驚きました。

canicule6

暑くて良かったのはコレだけ。
数日前にいつもの公園のすてき庭師マダムから頂いたラベンダーが、あっという間に乾いた!
花蕾だけにして、かわいたら、布袋に入れて、いわゆる匂い袋にします。下着の引き出しとかに入れると、ほんのりと香り、自然のものなので、香水などとかぶっても大丈夫。

canicule5

ラベンダーが乾くのをまちながら、淡いピンク色の麻布で袋を縫いました。
ラベンダーを詰めたら、きゅっとリボンで結んで、匂い袋(サシェ)の出来上がり。

東京で、友人へのプレゼントにしましょう。

今年も8月は東京で過ごす予定ですが、ほどほどの暑さでいて、欲しいものです。

frites1
いわゆるファストフードは食べないのですが、(別にイイ悪いとか、じゃなく他に作りたい、食べたいものが多いから、食べてるヒマがない)、フライドポテトは大好物。
frites

カリカリに仕上げるには二度揚げとか、コツがあるらしいですが、そんなに深く考えずに、細めに切ったジャガイモは水にさらしてから、よく水気を拭き、かぶるくらいのオイルをかけてじっくり揚げる、それだけ。
すこしこんがり揚げ色が付いても大丈夫、だから、とにかく水気が切れてカリカリが調理している箸に伝わるまで、ゆっくりと揚げる。それだけ~。
ま、新ジャガは水気が多いからむきませんね、と言いながら、水分が多い分時間もかかるし、目減りもすごいけど、じっくりと揚げれば、それなりにカリカリに。
 パリに来た頃、マルシェに出かけて、ジャガイモとタマネギ類だけの店があり、特にジャガイモが何種類もあって驚きました。フランス人、どんだけ芋好き!
 そして、ジャガイモを買うときは、「フリット=フライドポテト」用、「マッシュポテト」 「茹でて」など、用途を言うとそれに合った品種を選んでくれます。
 
frites2
フリットといえば、お相手はステーキ!が一番ポピュラーで、安いビストロなんかだと、ステーキを頼んでも肉が小さくて薄め、その分?山盛りのポテトだったりします。
frites3
そして、この夏のはじめが旬のムール貝の蒸し煮、ムールマリネにもフライドポテトがつきものです。
パリでも何件もあるベルギー系のムール貝が名物、なチェーン店ではムール貝を注文すると、ポテトは食べ放題、らしいです。
 先日わたくしが作ったのは生クリームをたっぷり加えたムール貝の「ベルギー風」なわけで、普通の蒸し煮より高カロリーなのだけど、やっぱりフライドポテトが欲しくなって揚げてしまいました。

 ベルギーと言えば、屋台のフライドポテトも有名で、マヨネーズっぽいソースをたっぷりかけて、食べる。
フライドポテトが付け合わせじゃなくて、主役なのね
 たしかに、自宅で揚げたてのフライドポテト、おいしくて、それだけでガンガンイケます。
frites4

ちょっと贅沢なんですが、トリュフ入りのマスタード!ま、トリュフ入りじゃなくても、フレンチマスタードを付けて食べるのが大好き。ケチャップより大人の味で、マヨネーズより罪の意識が低い。

そうだ、肉もムール貝も無し、で一度、思いっきりたっぷりのジャガイモを揚げて、あとはサラダだけでご飯にしてみよう、と、いつも思うのです。

12072


もう、こんな年齢ですので、誕生日だから、ということもないのですが、自分で自分のバースデープレゼントを買うことにしました。

先日デパート内を横切ったとき、シャネルのブティックの前を通過して、今年らしい丸いレンズのサングラスが欲しくなっちゃった!シャネルなんて柄じゃないのですけどねぇ。
 もちろん、安いモノじゃないから、少し考えてからと思って、とりあえず帰宅。
その後、以前、夫がメガネ(近視用?老眼用?)を作ったことのあるメガネ屋でサングラス20パーセントオフ1の広告を見つけちゃった。
 ずっとまえから、夫に「もう、誕生日のプレゼントとか、気にしなくて良いからね」宣言をしてますし、歩きやすい、けど、それなりの値段の靴も買っちゃったし…。

 と思ったけど、この年齢だからこそ、欲しいものは欲しいときに買おう!と思ってゲットしちゃいました。
日本よりは安い?かもしれないけれど、大きな出費ではあります。来週は誕生日だからね~。

12071

せっかくのサングラスを買うのに、夫に「似合わない」などと後から言われるとイヤだから、夫にも一緒に来てもらったので、外ランチ。このあたりに来ると寄る、安いビストロです。以前にも紹介しましたね。
かなりの都心(デパートとかもある地区)でも、庶民の味方、的なビストロはこの通り、夏でも冷房はなく、店の入り口の窓を外して風通し良く。
ショッピング街でもあり、Officeも多い場所だけど、観光客より地元客が多い=ヴァカンスに出た人が多いらしく、いっつも満員の店がけっこうガラガラでした。

120719

なんか、バースデープレゼントで勢いがついた?で、この盛夏にフォアグラを注文しちゃいました。
お店のサービスのおばちゃんも「自家製だからオイシイのよ~」とおすすめだったし…。
普通のレストランの半分以下のお値段ですので、フォアグラの一切れが極薄、で笑っちゃいましたが、以外にも本当に自家製らしく、美味。
 フォアグラなんて、贅沢に食べるものだと思っているので、ちょっと雰囲気が今ひとつですが、味はかなりのモノで驚きました。
 来年の誕生日は、「フォアグラをダブル」で注文しちゃおうかしら

eteparis2


わたくし、現在南フランス プロヴァンス地方でヴァカンス中でございます、と言いたいところですが、残念!
パリ好きの夫は、旅行するよりパリを満喫派、もしかすると面倒なだけ、かも知れませんが、テレビでもプロバンス地方のラベンダー畑なんて、一面のラベンダーの花は素晴らしいけれど、満開の花の数と同じくらい?な観光客の数、もちろんアジア系のお客さんも大量。
 これなら、近所の公園で控えめなラベンダーを独占している方が良いかも知れません。
eteparis3

今年のフランスは2003年をしのぐ猛暑と言われていますが、パリに関して言えば、今のところ猛暑が3日続くと次の3日は普通の暑さに戻るし、朝夕はそれなりに涼しいので、なんとかしのげる感じです。
猛暑日は朝の涼しい空気を部屋に取り入れたら、窓とよろい戸も締め切って、薄暗い部屋にこもりしかないけれど、なエアコン無しの生活。
そして、普通の暑さの夏らしい日には、こうして近所の公園に涼をに散歩。

eteparis
 この間の週末から、夏休みの「大移動」が始まって、高速道路や観光地の混雑もテレビのニュースで伝わっていますが、まだまだ、の方達???は、公園の芝生で、こんな風にピクニックランチを楽しんでいます。

 パリ人って楽しむのが上手だわ~。

eteparis1

 楽しむのが好きなパリ人達! 私たちが「回らないお寿司」があこがれのご馳走なのと同じような感じで、シーフードの盛り合わせが大好物。
 よく月の名前にRが付かない月は牡蠣は食べない、とか言われてもお構いなく、ゼータクと言えばシーフードになっているみたい。
 昨日の日曜日に、友人達とランチしたのもシーフードのお店で、昼時は満員!そして、どのテーブルにも、このシーフードの盛り合わせ、とか牡蠣の盛り合わせが…。

 普通に食べてても、下に敷いてある氷がどんどん溶ける暑さ、でもシーフード!

もちろん、レストランで出るモノですから、安心して食べられるのだけれど、そして、わたくしも大いに楽しく美味しく食べたけど。
 ウチの夫なんかも東京で夏、というと毎日食欲もいまひとつ、で冷や奴が続いたりして、バテバテ~。

そう、エアコン無しでも戸外の日陰で心地よく、そして季節かかわらず、美味しい、好物をたっぷり食べる。
そんなパリジャン流を真似して、生きてみたいものです。

先週木曜日からパリで過ごしています。
いやはや、なんと強烈な猛暑に襲われているフランス、パリも到着した時が33度もありました。


毎回のことですが、わが家の鉄則!で到着したら、即スーツケースの中身は片付けて、ベッドの下に収納。旅気分は引きずらずに、「普段の生活」を開始します。タダでさえ、パリ東京の二カ所に生活が分かれている分、片道でほぼ一日を無駄にするのですから、旅の余韻に浸る余裕はないの。
canicule3

荷物を片付けたら、牛乳など、翌朝必要なモノの買い出しと、お疲れ様の一杯タイム。近所のカフェで生ハムとかテリーヌを注文してワインをね。
とにかく暑い(33度、お店にエアコン無し)ので、白ワイン、ロゼワインの冷え冷えを注文したのだけど、最初は冷たいのが、飲み終わる頃には温まってしまうほど。

明け方になると少し涼しいけれど、やはりエアコン無しのアパートですから、対策が必要です。
朝早くに、冷たい空気を室内に入れたら、雨戸も窓もぴったり閉めて、暑い空気が入らないようにします。
照明も部屋を温める???ので、部屋の中は薄暗く、いくらぴったり窓を閉めても、気温はそれなりに上がって蒸し風呂状態です。

本日の最高気温はなんと37度のパリ(どうも南フランスでは40度超えてるらしいし…)、しっかり食べないと体力保ちません。で、ランチというか、ブランチの時間、11時台にメインの食事をしました。
canicule

料理するのも最低限の手間で、骨付きの仔牛肉をマリネして、たっぷりの野菜、薬味のハーブなどと盛り合わせただけですが、甘酸っぱいアジア風(ナンプラー、ニンニク、レモンで甘酸っぱく)のソースでさっぱりたっぷり食べられました。

 もう後は、なるべく静かに過ごすだけ、記録的な猛暑だった2003年を超す高温記録のフランスですから、仕方ありませんね。

canicule2

そんな中でも、仕事で屋外で働かなくてはならない方も…。
今朝の公園で見つけた、庭の手入れをする女性。制服の作業ズボンにタンクトップ、そして帽子をかぶって、ものすごくステキ。
年齢はけっこういっているのですが、庭の花の彩りに合わせた?ようなシャツの色、カーキ色のパンツ、などなど。
近頃はパリジェンヌの普段のお洒落もグローバル化したかな、と思っていたのですが、考えを改めさせて頂きました。贅沢、とか美人とかを超えたパリジェンヌの魅力は不動ですね。

 暑い、暑いとだらしない格好でだらけて過ごす自分を猛反省しつつ、エアコンが欲しい。情けない自分

↑このページのトップヘ