塩田ノア 「ノア流」パリ生活東京ライフ

paris 東京 往復生活 で忙しい!

昔のブログ http://michawhitecat.cocolog-nifty.com Parisアトリエの話がいっぱい

potholder古~いパソコンを探し出しました。ウインドウズ7が発売された、とほぼ同時に買ったモノです。
捨てず(フランスでの捨て方に迷って…)に置いておいて良かったわ~。
一応、Wifiは繋がっているので、日本のスマホであれこれと出来ることは出来ますが、ブログの更新は慣れていないので…。
 あ、こっちのパソコンも現在のブログ更新に使うのは初めててございます。

昨年、一昨年と短い時間ですが大勢の方においで頂いて、感謝!の
 テーブルウェアフェスティバル アリーナステージのトーク、今年も致しますので、皆さま、是非
よろしくお願いします。
 www.tokyo-dome.co.jp

 で、詳細はご覧いただけますが、
2月4日日曜日 14:00からです
 フレンチタッチで楽しむ鍋料理  をテーマに 日本の冬の味、といえばの「鍋」にパリのエスプリを加えて
「ノア流」の鍋料理with ストウブ社のWanabe、と、手仕事で楽しむ食卓とキッチンについてお話しする予定です

 当日はまさか、なヘタクソだけど本当にわたくし自身が作ったテーブルクロスでセッティングする予定です。

写真はクロスと同じ布に同じテーマの刺繍をした鍋つかみ。
 
オーブンやものすごく熱いモノをつかむ時には、市販のごっつい(耐熱温度がめちゃくちゃ高い)ミトンを使用しますが、ちょこっと鍋の蓋をずらしたり、する時、特にテーブルで使うのには、薄手の鍋つかみが欲しいのです。

 紅茶ポットをテーブルに置く、なんて時の敷き物にも使えますしね。

 なんでもかんでもプロ仕様のものが優れている、のではなくて、自分の生活には別の快適さが欲しい。
 そんな「ノア流」について、お話しするのに、こんな小物も登場するというわけ。

 古いパソコンが少し使いにくいですが、日本に帰るまで、もう少し、帰国したらなるべく早く新しいパソコンをかうつもりですが、その前に、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。

 



パソコンが壊れて、ブログの更新が出来ないままで、申し訳有りません。
こちらのパソコンだとキーボードのアルファベットの位置がフランス式、でうまく使えないのです。
日本に帰って、と思っていますが、その帰国が都合により、26日となりました。
そう、クリスマス用にこんなスヌードを編んだのに、結局は飛行機の中…。

で、アトリエのお知らせです。
1月15(月曜日)から20日(日曜日)  ただし17日除く
29日( 月曜日)から2月1日(木曜日) ただし、30日除く
2月8日(木曜日)から10日(土曜日)
のうちで、ご都合のつく日を選んで 、ご友人と4人グループでお申し込み下さい。

先着順で、また、できればFBページメッセージでまたはこのブログのコメントでご連絡下さい。
他にも、調整できる日がありますので、ご相談頂ければ、検討致します。
よろしくお願い申し上げます。

パソコンが立ち上がってくれません。
ちょっと更新が止まってます。
すみません

23331083_1478782022199273_181132461758690510_o
 秋になったら、我が家の夕食には野菜スープが欠かせません。日本でも、わりあいにスープ好きだったのだけど、パリでは野菜が美味しいので、すごくシンプルなスープを毎日食べます。

寒い=保存もきくし、ポタージュ系は冷凍も出来るので2種類以上作って、適当にアレコレと食べれば、飽きることもありません。なにも一気に何種類も作るのではなく、手が空いた時、材料のある時にたっぷりめに作るだけ。
写真はバターナッツという種類のカボチャとポロネギで、スープを作る前にインスタにあっぷしたら「作り方が知りたい」という書き込みを頂きました。

 こちらではかぼちゃというと濃いオレンジっぽい色で大きなの、小さくていかにも栗カボチャなかたちで、色が朱色のような赤に近いポティマロン、そして日本っぽいかぼちゃもあるし、そしてスープにおいしいと言われるのがこの、ひょうたん型のバターナッツ。名前も英語のまんま、ってことは最近入ってきたみたいです。

 一般に日本のカボチャに比べて身が柔らかいので、煮ものや天ぷらには向きませんが、味はそれなりに良くて、なにより切るのがラクだわ~。日本の栗カボチャの大き目のなんて、かたくて半分に割るのもひと苦労ですもん。

で、カボチャのスープには作り方なんてほどのものはありません!(きっぱり)
とりあえず、薄く切ったポロネギをバターでしんなりするまで炒めたところに、小さ目または薄めにに切ったカボチャを加える。ひたひたの水←入れすぎないこと を加えて柔らかくなるまで煮る。
 スティックミキサーなら、そのまま鍋にミキサーを突っ込めば洗い物が少なくてすみますが、もちろn普通のミキサーでも滑らかに。家庭のスープですから裏ごしも必要ないです。
23574139_1482331538510988_132632220_n

 そこに牛乳と水を好みのとろみになるまで加えるだけ。水分の分量はカボチャの質によるので、見ながら、水と牛乳の割合もお好み、と牛乳の在庫次第です。ね、レシピってほどのモノが書けませんでしょ?

 味付けは塩とナツメグ、白コショウがおすすめです。煮込む時にローリエを加えても良いですが、ミキサーにかける前に取り除くこと。

 ブイヨンとか、スープの素なんかも不要です。野菜を味わいましょう。こういうシンプルな料理を食べる習慣をつけると、●●の素、とか段々美味しいって思わない、無理しないナチュラルな味付けになっていきますよ。

 もし、物足りなければ、チーズトースト、とかカリカリベーコンを小さくしたのとか、を一緒に食べると満足度アップする筈。フォアグラなんて相性が良いけど、それはカロリーも日本の事情も…。
 チキンレバーを小さく切って炒めたのもイイですよ。

 いろんな野菜が同様の作り方でスープになります。水分量は野菜と相談しながら作るだけ。これからの季節、カリフラワーのスープもおすすめよ。

 レシピなんて不要のカボチャスープ、ぜひ作ってみてくださいね。


↑このページのトップヘ